クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:QUOINEに対し1400万ドル求め訴訟、取引が無断で取消

公開日: 

 大手リクイディティ・プロバイダーのB2C2は、暗号資産取引所Liquid by Quoineを運営するQUOINE社を提訴した。シンガポールのTHE STRAITS TIMESが21日に伝えた。 シンガポール国際商事裁判所(SICC)で開廷されたが、シンガポールでのビットコイン関連の裁判は初めてとのこと。今回の訴訟でB2C2は、2017年4月にQUOINEとの間で行われるはずであった暗号資産取引を、QUOINEがB2C2に知らせることなく無効にしたと主張している。 取引の内容は「7BTCを1ETHと交換する」というもので、現在のレートからは考えられない内容である。B2C2は取引取消に関するQUOINEからの通知はなかったとし、本件に関しては同意していないという。B2C2はQUOINEから本来支払われるはずであった、3,085BTC(約1,400万ドル)を請求している。

続きはこちら→→→マネックス暗号資産研究所

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧