クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:オハイオ州、ビットコインで納税できる最初の州に

公開日: 

 月曜日(米国時間11/26)から、オハイオ州の企業は税金をビットコインで収められるようになる——同州は暗号資産を正式に受理する最初の州となる。 このプログラムに参加したい企業は、OhioCrypto.comへ行き、登録して暗号資産で収めたい税金を支払えばよい。タバコの売上税でも従業員の源泉徴収でもなんでもよい、と取り組みを最初に紹介したThe Wall Street Journalの記事に書かれている。 オハイオ州財務長官Josh Mandelが推進するこのビットコインプログラムは、ITフレンドリーのイメージを作ろうという同州の大きな野望を世に示す試みの一環だ。 オハイオに州は、テクノロジーハブとも言うべきものがコロンバスにあり、中西部最大級のベンチャーキャピタルファンドDrive Capitalの拠点となっている。

続きはこちら→→→TechCrunch

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧

Twitter