クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:ブロックチェーン3D仮想空間に家を建てて、貸すことも

公開日: 

 3次元(3D)、拡張現実(AR)、仮想現実(VR)向け製品/ソフトウェアをグローバル展開するMARK.SPACE(本社:シンガポール)は10月30日、ブロックチェーンベースの3D・VR・AR対応ウェブ空間「MARK.SPACE」に住宅区域をオープンする。 同ウェブサイトからアカウント登録すると、3D仮想空間上の土地が無料(期間限定)で付与される。ユーザーは、この住宅区域で土地を購入し、住宅の建物や部屋を自分好みにデザインや装飾できる。ブラウザから同区域にログインして、多数のテンプレートから好きなアイテム(壁紙、床、家具、電気製品など)を選択し、クリック&ドロップでそれらを自由に配置できる。3Dの知識がなくても楽しめる環境となっていて、自分仕様にデザインした空間は、のちに専用暗号資産「MRKトークン」を使って貸し出したり、売却したりすることが可能になる。

続きはこちら→→→bp-Affairs

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧

Twitter