クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:ハンガリーの旅行代理店、40種類以上の暗号資産を支払い方法として受け入れ

公開日: 

 世界共通のお金として使用することができる暗号資産(Cryotocurrency)は、旅行業界で積極的に取り入れられ始めている。ハンガリーの旅行代理店である「More Stamps Global(MSG)」は、ビットコイン(Bitcoin/BTC)、イーサリアム(Ethereum/ETH)、ライトコイン(Litecoin/LTC)、ドージコイン(Dogecoin/DOGE)などを始めとする40種類以上の暗号資産を支払い方法として受け入れている。同社はさらに対応通貨を増やしていくことを予定しており、将来的には300種類以上の暗号資産を受け入れることを目指していると述べている。 暗号資産決済は、旅行業界でも積極的に導入され始め、日本国内の旅行会社でもビットコイン決済は導入されており、「HIS」は都内9拠点38店舗でビットコインによる支払いを受け入れている。

続きはこちら→→→BITTIMES

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧