クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:仮想通貨ATM、世界で約4000台 国内には10台のみ

公開日: 

 インフラ面での仮想通貨市場は堅調であり、世界全体で仮想通貨ATMは急増中、しかも増加傾向はしばらく続く可能性が高いという。ただ一方の日本はというと、ATMは国内に10台のみで、米国や欧州に比べて極めて少ない。仮想通貨の将来性が消えてないとすれば、この少なさには危機感を覚える必要があるかもしれない。Coinatmradar.comの調べによると、日本国内に設置されている仮想通貨ATMは全部で10台、そのうち東京都に6台、福岡県に2台、広島県に1台、茨城県に1台の内訳。このデータだけみると、仮想通貨を成長産業と見る人は少ないかもしれない。ところが世界に目を転じてみれば、その印象は逆転する。日本では10台しかなくても、世界全体での仮想通貨ATMの台数は11月14日時点で3963台に達しており、1日におよそ5.6台のペースで増加している。シェアは、最も多い米国の71%が筆頭で、次に欧州の23.5%、アジア2.5%、オセアニアの1.3%と続く。米調査会会社Marketsandmarketsのデータでは、年間の増加率が54%を超える見通しだという。

続きはこちら→→→財経新聞

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧

Twitter