クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

News:リップル、fixTakerDryOfferRemovalが公開

公開日: 

 fixTakerDryOfferRemoval修正は2019年4月2日にXRP元帳で有効になった。内容は、XRP元帳にドライオファーを残すことができる自動ブリッジングのバグを修正。ドライオファーとは、クロスしても資金を調達できないオファーのこと。この修正がないと、ドライオファーは元帳に残り、所有者に利益を提供することなくその所有者の準備金要件に加算される。適切なタイプと品質の別のオファークロッシングは、ドライオファーを削除できる。ただし、必要なオファークロッシングの種類と品質が稀である場合は、ドライオファーを削除するのに時間がかかることがある。この修正が有効になっていると、自動ブリッジングで一致したときにXRP元帳はこれらのドライオファーを削除する。

詳細はこちら→→→ripple

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧

Twitter