クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

Topix:Bitcoin Cashストレステストが9月1日に実施されます。

公開日: 

Bitcoin Cashストレステストが9月1日に実施されます。

 先週news.Bitcoin.comは、コミュニティが運営するBitcoin Cash(BCH)ネットワークストレステストにおいて、‘BCH Stress Test Day’と呼ばれるウェブサイトを運営するグループが、1日に何百万というトランザクションを最低手数料で一度に処理する予定だと報告しました。さらに、このプロジェクトに取り組んでいる開発者チームは、BCHコミュニティ全員に参加してほしいと思っています。今週、Spendbch.ioは、オープンソースプロジェクトBitboxの助けを借り、大々的なトランザクションでネットワークを「スパム」することに誰もが協力可能なツールをリリースしました。

Spendbch.ioがBCHネットワークのストレステスト用にオープンソースNode.jsアプリケーションを発表

 Bitcoin Cashブロックチェーンの最大ブロック容量は32 MBで、これは現在、他の多くの分散型元帳よりも格段に大きいものです。これらのブロックの膨大なサイズは、重要なトランザクションスループットを可能にするよう設計されています。今年の5月以前は、BCHチェーンには8 MBのブロックがあり、その間にマイナーは2〜8 MBのブロックを処理していました。Viabtcは一度に37,000件以上のトランザクションをクリアした、1つ8 MBブロックを処理しました。ブロックサイズが32 MBになったので、コミュニティは24時間以内にBCHチェーンで一度に膨大な量のトランザクションを送信することで、ネットワークをテストしたいと考えています。

 今週BCHストレステストデー(BCHSTD)を支援するために、Spendbch.ioチームはBCHネットワークのストレステストのためのオープンソースnode.jsアプリを立ち上げました。最初のツールはBCH開発ツールキットBitboxを使用して作成され、チームは、そのプロトコルはすべてのデバイスに対してより高度なWebアプリケーションツールを作成するために提供される1BCHバウンティ(報奨金)に対する「出発点」である、と述べています。

Spendbch.ioの開発者は、「BCHストレステストは、ストレステストのバウンティを要求する出発点として使用可能なコンセプトアプリです」と説明しています。

9月1日のBCHネットワークテストの前にいくつかのトランザクションが急増

 Bitbox.earthのクリエーターGabriel Cardona氏、および他の多くのBCH愛好家たちは、BCHネットワーク上で目立っているトランザクションの急増に気付き、共有しています。Johoe’s MempoolとFork.lolから収集されたデータは、BCHトランザクション数が急激に増加していることを示しています。

 Cardona氏は自身のTwitterフォロワーにこう呼びかけています。「昨日からビットコインキャッシュトランザクション数は大幅に増加しています。もし協力したければ、Spendbch.ioのスクリプトはここにあります。私たちが拡大可能な世界を証明するために、BCHのストレステストをしましょう!」

 BCHSTDコーディネーターによると、この試みは9月1日UTCの午後12時ごろに始まる予定です。午前9時にチームは朝食で一日をスタートさせ、午前10時にはスクリプトを準備してBCHアカウントを読み込む予定です。 正午になると、チームは確実にスクリプトを開始し、“Memo.cashに集中し、狂ったように投稿やtipping(株式などの売買に関するアドバイス)をし始めます”。午後1時には、ゲームをしたりSatoshi Diceや他のギャンブルサイトでいくつか賭けをする計画です。その後、全員がくつろいで “すべてのトランザクションを処理している”ネットワークを見て、シャンパンを嗜みながらBCHSTDについて説明します。

 オープンソースのBCHストレスツールは、このGithubリポジトリにあります。

参照元 Bitcoin.com

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧