クリプトコインポータル ~暗号資産・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

Topics:【翻訳記事】ハイブリッドアプローチ:ブロックチェーンの幅広い導入方法

公開日: 

ハイブリッドアプローチ:ブロックチェーンの幅広い導入方法

By Loi Luu, March 26, 2018 @ 12:01 AM 

ブロックチェーンの経済が大幅にスケールを拡大するにつれて、私たちは迫りくる問題に直面しなければなりません。私たちはこの技術をどうしたらいいのでしょうか。歴史的に、技術と財務は集中化された組織を採用してきましたが、私たちは突然新しい方向への一歩を踏み出す機会を得ました。

ブロックチェーンの分散化は、独占権が存在せず安全性が与えられた、信用のおけない経済において将来への可能性を秘めています。 この世界では、ブロックチェーンは権力の使用を分散化しており、国家の通貨供給の操作は過去のものになるでしょう。 しかし、この考え方は、技術の現状を考えると依然として遠い現実です。

現在、パイオニアたちは中央集中型の組織に分散型の技術を組み込もうとしています。そして、それは想定以上に多くの疑問を生じています。

「分散化」はしばしばブロックチェーン全体の存在とみなされますが、現状のブロックチェーン技術にはまだ多くの制限があります。 今日存在している集中化された組織とサービスは、ブロックチェーン技術の最良面を導入するための時間を必要とします。 ブロックチェーンはまだ進化の初期段階であるため、集中化または分散化されたテクノロジー両方の有用性のバランスをとり、徐々により分散化された組織に発展させるハイブリッド(複合型)アプローチを検討することは理にかなっています。

主流となるブロックチェーンの導入が現実になる前に、なぜハイブリッドソリューションがそのプロセスにおける重要な足がかりになるのかについて説明しておくべきことをほんの一例だけ挙げます。

スケーラビリティ

ブロックチェーン技術に対応するための主な考慮事項の1つは、スケーラビリティが限られていることです。 ブロックチェーンネットワーク内のすべての参加ノードはすべてのトランザクションを処理する必要があります。 その結果、EthereumやBitcoinなどの一般的なパブリックブロックチェーンネットワークは、トランザクションの決済回数が少ない(1秒あたり約10〜20トランザクション)ことで知られています。 ネットワークが毎秒何千ものトランザクションを処理できるMastercardやVisaなどの集中決済システムと比較して、ブロックチェーンは有効な代替手段のようには思えません。

ブロックチェーンは、センサーシップレジスタンス(検閲への耐性)、政治的中立性、主だった障害点(POF)がない、などの分散化のメリットを提供しますが、現在のところ適切な規模の拡大に失敗しています。

ハイブリッドモデルでは、各参加ノードがネットワーク内の各トランザクションを検証する必要なく、また各トランザクションが有効であるというネットワークの信頼を失うことなく機能することができる、分散化のメリットを持つ構造が理想的です。

そのため、OmiseGo、TrueBit、Raiden Networkによって開発されたPlasma(Chain)のような注目すべきプロジェクトがこの(現在のブロックチェーン技術の)制限に対応するために作られました。 これらは、ブロックチェーンのスループットを拡張するように設計された「レイヤー2」アプローチであり、通常、オフチェーン決済/ステートチャネルとシャーディング(データを複数のサーバに分散させる機能)の形で提供され、トランザクション全体を小規模なトランザクショングループに分割して同時に処理されます。 また、ネットワーク全体ではなく、選択されたノードだけを「バリデータ(承認機構)」にする委任証明証(DPOS:delegated proof-of-stake)の概念も導入され、スループットが向上しました。 これらの「バリデータ」は、他の人を代表し、取引要求の結果を決定する権限を有する、選出された役人のように機能します。 このハイブリッドアプローチは、メインネットワークと並行して、高スループットのブロックチェーンネットワークの分散とスケーラビリティの両方の利点を持つ強力なモデルを作成しています。

使いやすさ

主流となるブロックチェーンの導入を妨げるもう一つの障壁はユーザビリティです。ブロックチェーンの技術を現在の形で使用することは、ブロックチェーンの考え方がまだ馴染みがなく、多くの人にとって不安なため、ユーザーフレンドリーではありません。 分散型アプリケーションは、ユーザーエクスペリエンスを向上させる必要があります。 ユーザーフレンドリーなインターフェースの設計を取り巻く集中型アプリによって、すでに多くの研究が行われています。 分散型アプリケーションは、従来の集中型アプリケーションのこの知恵を活用し、それを組み込む必要があります。 主流のユーザーにとって、優れた技術とは、毎日簡単に使用できる技術です。

ブロックチェーンの評判

人間の代わりに目に見えないシステムに信頼を置くことは、特に技術を理解していない素人にとっては現実的ではないようです。 たまにあるBitcoinやEthereumなどのブロックチェーンネットワークの悪い報道も、導入を遅らせています。 しかし、物事は変化しています。 韓国の通信大手カカオは、新しいブロックチェーンプロジェクトのための資金を調達するために、独自の暗号資産を開始すると発表しました。 それは、人々から信頼され同社の評判になっています。 より評判の良い企業がブロックチェーン技術を導入するにつれて、私たちはこの技術をより受け入れられるようになるでしょう。 集中化された組織(集中型アプリケーション)は、分散化の概念を促進する上で鍵となるでしょう。 これらは、ハイブリッドアプローチがブロックチェーン導入の主な要因となる理由のほんの一部です。 それは集中化された経済を受け入れ、関わり合いながら、創始者原理を維持します。 現在の技術の限界を認識し、より良い未来への道を歩み続けるのは、このハイブリッドアプローチです。 このアプローチでは、集中化された産業を私たちとともに進化させながら、信頼できないセキュリティと絶対的なセキュリティが標準である分散化された未来に向けて取り組むことが保証されます。 参照元,翻訳元:Forbes

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

検索

チャート

チャート一覧