クリプトコインポータル ~仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクト 総合情報サイト~

海外取引所比較


海外取引所

海外取引所は日本の法律の範囲外であるため消費者保護に関する措置はありません。
運営者は会社組織が全てではなく個人で作られた団体やバックグラウンドが分からないモノが多数存在し当ホームページでも決して推奨するものではありません。

海外取引所に関する責任は負えませんしかし海外取引所なくしてグローバル通貨である暗号通貨の相場を初めとする動向をよみとることはできません。どのような取引所があるのかを調べてその概要を中心にまとめました。

ポロニエックス(poloniex)
取引量世界一の海外取引所で、取り扱い通貨数も多い。 特に仮想通貨時価総額ランキング上位の通貨がラインナップされており、ポロニエックスに上場することで、資金が集まりやすくなり、上場直後に上場した通貨の価格が高騰することが多いです。
ビットレックス(bittrex)
海外取引所BITTREXです。 poloniex同様海外取引所です、多数の仮想通貨を取り扱っています。 取引量はpoloniexに劣りますが低時価総額仮想通貨のラインナップが多数あり仮想通貨醍醐味の長期有望仮想通貨を探すにはうってつけの取引所です。
ビットフィネックス(BITFINEX)
2016年あのMTGOXの再来とも言われるほどとてつもない金額約119,756BTC当時レート換算71億円(今では気持ちのいいホワイトペーパーを作ってICOすれば一発回収できそう)をハッキングされ盗難された過去を持つ『やけんいうたやろう、仮想通貨取引なんか胡散臭いことせんどきい』の取引所です。
今はBFXコインとなる社債のようなものを発行し被害者に向け堅実に被害額の返還を行っている模様です。
セキュリティに関しても類を見ないほど気を使っている様子がいろんなところで見受けられます。
BTC/USD取引だけに関しては今もトップランカーを走り続ける取引所です。
バイナンス(Binance)
中国の取引所、バイナンス(Binance)です。
2017年7月に、チャオ・チャンコン氏によって創業されました。
チャオ・チャンコン氏は、OKCoinの元共同創業者です。
バイナンス(Binance)は、事業開始約1ヶ月で、グローバル取引量トップ10に入り、その勢いで注目を集めている取引所です。2017年9月より、日本語対応も始めたことから、日本国内のユーザーも増えているようです。
KuCoin(クーコイン)特徴、登録、使い方
香港の取引所KuCoin(クーコイン)です。
2017年9月にKuCoin(クーコイン)は、設立されました。まだまだ新興の取引所ですね。
創業者は、中国の大手企業アリババのクループ系列金融会社に所属していた元技術者です。
また、チームスタッフは、2011年からブロックチェーンを研究していた団体に所属しています。
ビットメックス(BitMEX)
ビットメックスは、2014年11月にローンチされました。
運営元は、香港のHDR Global Trading Limited社です。ビットメックス(BitMEX)の特徴は、レバレッジ倍率が「最大100倍」であることです!
国内の仮想通貨取引所のレバレッジ倍率は最大25倍です。それを考えると、「100倍」というのがどれほど規格外であるかがわかると思います。
さらに、良い点は、ビットメックス(BitMEX)の信用取引が「追証なし」であることです。
チェンジリー(Changelly)
チェンジリー(Changelly)は、2013年にチェコ共和国の”マイナーゲート(Miner Gate)”チームによって、ローンチされた仮想通貨の両替サービスです。
データセンターは、ドイツのベルリンにあります。2017年10月に、サイトが日本語対応したことによって、国内のユーザー数も増加しています。チェンジリーを利用すると、「LSK⇄XMR」「XRP⇄NEO」のように、アルトコイン同士であっても、両替を行うことができます。これを取引所で実現しようとすると、一度BTCやETH(あるいは日本円)に戻す必要があり、余計な手数料がかかってしまうため、両替所はとても便利なサービスです。
クラーケン
MtGOXの破産手続き支援会社に選ばれ各メディアでも評価が高くコインテレグラフのExchange Awardsで金賞を取る(スコアは、安全性、セキュリティ、ユーザビリティ、サポート、注文タイプ、および料金に関して業界で最高らしい)など輝かしい信頼を手に2014年日本に子会社を設立、日本でも取引所申請を出していると思われる海外取引所です。
コインベース&ジーダックス(coinbase&GDAX)
親であるコインベース(coinbase)の取引所部門をリブランドしグローバル取引所ジーダックス(GDAX)として運営。投資家が銀行やNY証券取引所であったことからアメリカで正式にライセンスを受けた取引所となりました。また2015年アメリカで初めてビットコインデビットカードShift Cardを発行した会社でもあります。 その後2017年1月NY州のビットライセンスを取得しています。勿論日本の市場参入にも気合を入れている模様です。
ビットスタンプ(Bitstamp)
最近でも昔からの名残でビットスタンプ(BITSTAMP)がどうしたなどと言われることはありますが今現在日本でも利用している人は少ないんではないでしょうか。従業員がフィッシング詐欺にあって19000BTCが盗まれる?こともあったようです。
クリプトピア(CRYPTOPIA)
ヨービット(Yobit)
2014年設立(ドメイン設定)
その他不明(ドメイン設定者はロシアのホスティングプロバイダー)ドメインサーバーはサンフランシスコに設定されてます。
リクイ(Liqui)
6人で運営している個人事業主団体という印象です。ICOをした銘柄をいち早く上場させる勢いを感じさせながらもサポートの対応が悪いとの情報もでております。
ヒットビ-ティーシー(HIT BTC)
USAの取引所TERAexchange?との提携もありウィジェットやICOの先物など幅広く銘柄を取り扱っています。
オーケーコイン(OKcoin)
中国北京に本社を置き香港に拠点を置く中国3大取引所の一つです。USAの著名投資家から10MUSD以上を調達し設立された取引所であるが2017年2月中国当局の規制が入ったばかりでカントリーリスクも視野に入れる必要あり、しかし日本の取引所ビットポイントとの提携などグローバルに活動の意欲を見せている部分も目立ちます。
Huobi
こちらも中国北京に本社を置く中国3台取引所「OKCoin」「Huobi」「BTCChina」のうちの一つこちらも先日OKcoin、同様規制が入り出金ができない事態が起りました。
コイニジー(Coinigy)
コイニジー(Coinigy)は、世界中の取引所を一つのアカウントで管理する画期的なプラットフォームです。世界45取引所以上をサポートしておりコイニジー(Coinigy)上であらゆる取引所の銘柄を直接売買したり、ポートフォリオの概要を見れたり、外部サイトとリンクさせることもできたりとても使いやすいツールがいっぱいあります。
オーケーコイン(OKcoin)
中国北京に本社を置き香港に拠点を置く中国3大取引所の一つです。USAの著名投資家から10MUSD以上を調達し設立された取引所であるが2017年2月中国当局の規制が入ったばかりでカントリーリスクも視野に入れる必要あり、しかし日本の取引所ビットポイントとの提携などグローバルに活動の意欲を見せている部分も目立ちます。
検索

チャート

チャート一覧

Twitter